認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

他人から「ボケ」を指摘される人

自分で「ボケ」に気づく人に比べ、他人から「ボケ」を
指摘される人は、「認知症」である可能性がぐっと高く
なります。

そこで素直に専門機関を受診すれば、例え認知症の
始まりであっても、進行させずに済むことがあります。


厄介なのは、物忘れが始まっていることを家族や他人に
指摘されても頑固に否定する場合です。

認知症の中には、自分の記憶力低下や物忘れを認めず、
頑なに否定する方もたくさんいらっしゃいます。

認知症になり、脳の機能が衰えると、柔軟性もなくなり、
さらに頑固な性格になることもあります。

本人にその気がなければ病院に行かせるのはとても
難しいものです。

その間にも認知症はどんどん進行し、やっと病院に
連れてきたときには、中等度~重度の認知症になって
いることも多くあります。

ですから、周囲で何となくボケが始まったような
感じの人がいらっしゃったら、しつこく説得して
でも専門機関を受診していただいた方が、
後々こじらせずに、本人もご家族も楽に
対処することが可能です。

もし、頑なに否定するなら、「身体の検査」の
目的で病院に連れてきていただき、普段どおりの
身体検査を行いながら、認知症の検査を組み入れる
ことも可能です。

認知症に限らず、人間は他人から病気や不具合を
指摘されることは自然と否定したくなります。