認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

「忘れっぽさ」の見極め

年取ってくるとどうしても物忘れが目立ってくるため、
「忘れっぽさ」を認知症の始まりと見極めるのは、実は
意外と難しいものです。

そこで、簡単に分かる見分け方として、それまで得意だった
ことが急にできなくなってきているかに注目してみましょう。


年取ってくると、新しいことを習得したり覚えたりするのが、
だんだんと困難になってくるのは当然のことです。

しかし、若い頃から得意としていたことが急にできなく
なってくると、認知症の始まりである可能性が高く
なります。

この「急にできなくなる」のがポイントです。

年取ってくると身体能力の低下も伴い、以前得意だった
ことでも徐々に時間がかかったり不得手になってくる
のは仕方ないことです。

しかし、それまで得意であったことが、ある時急にできなく
なるということは、認知症、つまり脳の病気が原因している
ことがよくあります。

人それぞれ特技はあると思いますので、この見極めは
ご本人か、またはご本人をよく知る身近な家族でないと
分かりにくいことがあります。

例として、男性では日曜大工、女性では料理や裁縫が
急にできなくなることなどです。

これらの大工仕事や料理、裁縫などは作業量が目に
見えるので、ご家族ならその見極めも割と簡単に
できます。

ある女性は、それまでとてもお化粧が上手だったのに、
認知症の始まりに、化粧の仕方の順番が分からなく
なったことがありました。