認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

活動力の減少

最近のご老人は実に元気で、公園でもゲートボールを
したり、集団でウォーキングに参加したりと、むしろ
若者よりも活動量が多いのではと思うくらいです。

しかし、やはり身体的な衰えから、高齢になると
それなりに活動量は減少し、若い時ほどアクティブ

には動けなくなるものです。

若い頃アウトドア派だったのに、高齢になったら
主に家の中で過ごすようになるのも、珍しい
ことではありません。

ところで、認知症の始まりとして、急に活動力が少なくなる
人もいます。

これも、高齢による身体的な衰えが原因しているのか、
認知症による脳の衰えが原因しているのか、やはり
注意しないと見極めが難しいところです。

ただ、身体的な衰えが原因の場合、活動力の減少が
徐々に起こってくるのに対し、認知症が原因の
場合は、急に活動しなくなる場合が多いといえます。

しかしながら、これも人によります。

一番大切な見極めのポイントは、その人の行動傾向が
急に変わったかどうかです。

何かその人らしくない行動、様子が急にしかもマイナスの
方向に起こってきたら、認知症の始まりである可能性も
高くなります。

それまで楽しんでいたお芝居に急に行かなくなった、
編み物が好きだったのに急にしなくなったなど、
何かしら気づく変化があるはずです。