認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

認知症の人の物盗られ妄想

認知症の人はよく、「お金がなくなった。通帳を盗られた」
などと、実際には起こっていない盗みを口にすることが
あります。

ただ、「物がなくなった」と口にするならまだしも、
「お前が盗ったんじゃないか?」と疑われることが

あると、本当にやりきれません。

この時に、「そんなことありません!」と強く
否定すると、余計疑いをかけられてしまいます。

認知症の人が何かを盗られた、なくなったと口に
した時には真っ向から相手にしてはいけません。

物がなくなったことを口にしている時は、
ご自身がかなり不安に感じているときです。

つまり、自分の大事な物がなくなってしまうのでは
ないか、自分の大切なことが脅かされてしまうのでは
ないか。

不安の対象を誰に向けてよいか分からないので、
身近にいる人、家族が標的となるのです。

もし、何かなくなった、盗られた、とか、
「お前が盗った」「隠したのでは?」と
疑われたら、一呼吸おきましょう。

そして、「それじゃ一緒に探しましょう」と
付き合ってあげることが大切です。
これも、仕事のうちだと割り切りましょう。

そして、ご本人が探しているもののあり場所が
分かっている際には、そこに連れていって、
「ここにありますよ」と言いながら、見せて
あげることです。

こうすることで、ご本人の不安や疑いも
解消されます。