認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

HDS-R(改定長谷川式簡易知能評価スケール)


診察では、ご本人が承諾して来院しているのか、
それとも拒否しているのをご家族がうまいこと
言いくるめて連れてきているのか、によって
対応が異なってきます。

大体の経過は問診で分かっていますから、

診察では、実際に認知症が始まっているのか、
始まっているとすれば認知症の種類、進行具合に的を絞って
診断を進めていきます。

血液検査、心電図、レントゲンなどの
基本的な身体検査を先に済ませてしまうことも
あれば、一通り診察を行ったあとに実施する
こともあります。

特に、ご本人を健康診断の名目で連れてきた
場合には、まず基本的な身体検査を
行ってしまいます。

その後、検査の説明ということで、ご本人と
話をしながら診察を進めていきます。

認知症疑いで来院された場合、必ず診察の
どこかでHDS-R(改定長谷川式簡易知能評価スケール)が
実施されます。

これは、認知症判定のための最も簡単で大まかな
検査となります。

内容は次のとおりです。

http://www.bm8.ne.jp/boke/hasegawa.htm

この検査で得点が20点以上だと、年齢相応の物忘れで
認知症の疑いは晴れます。

しかし、19点未満だと、「なんらかの認知症が始まっている」
と判断されます。