認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

問診が大事

病院やクリニックに行くと、まず問診表が渡されます。

問診表の記入は、ご本人でなく付き添いのご家族が
行ってあげた方がよいでしょう。

認知症の場合は、自分はどこも悪くないと思い込んで
いたり、または見当違いのことを記載してしまうことが

あるからです。

ご家族から見て、いつ頃から物忘れが目立って
きたのか?

物忘れ以外に気づいた変化は何か?
性格はどのように変化したか?
困った行動が見られるか?

また、ご本人の元々の性格、生活状況、家族構成
なども聞かれます。

病院によっては、診察の前に、問診表をもとに、
臨床心理士から詳しい話を聞かれることが
あります。

この際、ご本人を同席させると、ご家族の話を
否定したりすることもあるので、できれば
ご本人は待合室で誰かに付き添ってもらって、
その間にご家族だけから話を聞けるのが好ましいです。

また、今家で家族だけで面倒が見られている状態か、
今後認知症が進行した際に施設入所なども
考えているか、など、つっこんだことも
聞かれます。

今後のことも考えて、今のご家族の気持ちや状況も
正直に伝えておきましょう。

ここでの問診内容は、全てカルテに納められます。