認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

夜の問題

それでは、私が実際に体験した認知症の
様々な症状を提示し、どのような対策、治療法を
行ったかについてお示ししたいと思います。

まず、異常行動ですが、昼間にされるのも
困りますが、夜に危ないことや異常なことを

されると、ご家族はなお困ります。

夜はご家族も寝なければならず、夜中ずっと、
認知症のご本人のことを見張っているわけには
いきません。

そもそも、認知症になると、視床下部にある
体内時計が狂ってくるのか、昼間はうとうと
しているのに、夜になると活動的になって、
徘徊したり、自分本位な行動をしたがる傾向があります。

そこで、夜は決まった時間の間、ご本人にぐっすり
お眠りになっていただいた方が、ご家族も
安心して眠ることができます。

ですから、夜あまり寝ないで、問題を起こす
認知症の方には、その方に合った睡眠薬を
処方します。

睡眠薬は、年齢、認知症の進行具合、
身体疾患の合併などにより処方が
異なってきます。

そして、就寝時刻になったらすぐに眠れて、夜中
ぐっすり眠っていられるように、やや強めの
睡眠効果が得られる処方にします。

寝ている間の失禁は夜中オムツを当てておく
ようにします。

多少、朝寝坊しても、夜あまり起きずにぐっすり
眠ってもらう方がご本人の身体にも良いですし、
ご家族にとっても楽だからです。