認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

治る認知症の代表例

治療をすれば治る認知症の代表例は「続発性水頭症」に
より認知症状が現れた場合です。

「水頭症」とは、脳室と呼ばれる脳や脊髄の空間が、普通より異常に
拡大していることです。
これは、CTを撮ればすぐに発見できます。


よく見られる例として、高齢の成人が、くも膜下出血や
髄膜炎にかかったり、あるいは頭に外傷を受けて、
2~3ヶ月してから、急に認知症の状態になることです。

記憶力低下、物事が理解できない状態が、少しずつ
ゆっくりと進行していくため、周りの人は、
「くも膜下出血が治ったと思ったら今度は認知症に
なってしまった」と誤解してしまうほどです。

実は、このくも膜下出血や頭部外傷が原因で、
脳室を拡大させる原因となっているのです。

「続発性」とは、何かの症状が原因となって、
引き続いて起こるという意味です。

これらの「続発性水頭症」による認知症が普通と
違うことは、物忘れの他、よく転ぶといった歩行障害、
尿失禁がかなりの頻度で認められることです。

この「続発性水頭症」は、病歴やCT、髄液検査から容易に
診断できます。

そして、「脳室ー腹腔シャント」という、拡大した脳室に
たまった髄液をお腹に逃がす手術を行うことで、高確率で
治すことができます。

そして、物忘れ、つじつまの合わない行動などといった
認知症状も改善されます。