認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

治る、治らないを決めるもの

認知症が治るか治らないかを決めるのは、根本的には、
認知症を引き起こした原因となる疾患が軽いか重篤であるか、
ということです。

にもかかわらず、臨床現場において認知症と診断された
患者さんを目の当たりにしていると、認知症が治る、

治らないには、様々な要素が複雑に絡み合っていることを
認識させられます。

医療が介入するタイミングも大切な要素です。
初期には治るものも、ある程度進行してしまうと、
薬も効かずに治らなくなってしまいます。

薬を含め、患者さん自身に合った治療が適切に
行われてきたかも重要です。

そして患者さん自身の性格も、認知症の経過を
左右します。

認知症になる前の性格が、頑固な性格の人ほど治りにくく、
人の意見を聞き入れる柔軟な性格の人ほど治りやすい
傾向にあります。

また、先のアルツハイマー型認知症が改善した例のように、
若い頃、得意だったことをもう一度体験させてみることも、
治る方向に導く重要な要素です。

なるべく規則正しい生活が送れるように、周囲が
配慮してあげることも大切です。

認知症になってしまうと、なかなかご本人自身が「治りたい」
という自覚を持つことは難しいですが、周囲が「少しでも
良くなるように」と願いながら日々接するのとしないのとでは、
その後の経過に大きな開きが出てきます。

「治ってほしい」と過度に期待するのではなく、認知症になった
その人にとって少しでも良いことを考えてあげるかどうか。

これこそが、治る、治らないを決めるのに外せない要素では
ないかと、私自身は感じています。