認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

衣類の工夫(徘徊)

徘徊癖のある人には、道端で見つけてもらった際に
すぐに家に戻してもらえるために、あるいは家族に連絡
してもらうために、衣類にも一工夫しておきましょう。


そのためには、その人の名前、家の住所、電話番号、
家族の携帯番号などがすぐに分かるようにしておく

ことが大切です。

このような情報をカードに書き込み、ポケットの中に
入れておいたり、紐を通して首からぶら下げさせたり
するのも一つの方法ですが、これには意外と問題が
あります。

いつの間にかこのカードをなくしてしまったり、ご本人が
取り外して捨ててしまうこともよくあります。

そうならないためには、白などの分かりやすい布にこのような情報を書き、
毎回着る衣服のわかりやすい箇所に、貼っておくことをお勧めします。

わかりやすい箇所とは、前側のお腹の部分ですが、これでは
あまりにも目立ちすぎると思う場合には、胸のあたりに
貼るのもよいでしょう。

着る可能性のある衣服全てにあらかじめ、この布を全部縫い付けて
しまう方法もあります。

これは、最初大変に思われるかもしれませんが、一度縫い付けて
しまうと、その後何もしなくていいのでとても楽です。

洗濯や雨などで文字が消えてしまわないように、布には必ず
分かりやすい色の油性ペンを使って書きます。

また、この縫い付けるという作業がめんどうだと思われる
場合には、マジックテープ式の貼り付け用布を買ってきても
よいでしょう。

ただし、取れにくいものを選ぶようにします。