認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

失禁への対応

認知症の方が尿や便を失禁してしまう第一の
原因は、家の中でもトイレの場所が分からなく
なって間に合わないことです。

その他にも、尿意や便意を感じる感覚が鈍くなっている
こともあります。


また、トイレに行こうと思っても足腰が弱ってしまっている
ため、間に合わないこともよくあります。

失禁が起きてしまってから、後始末をするのは大概
ご家族の仕事になってしまい、その都度ため息をつき
ながら処理するのでは、ご家族のストレスになって
しまいます。

そのため、大人用オムツをつけさせておく、というのが
主流ですが、中にはこのオムツを嫌がる認知症の方も
いらっしゃいます。

また、まだオムツをつけるほどではなく、工夫次第では
自力でトイレ行ける段階の方に一日中オムツを着用させて
しまうと、次第にトイレで排泄ということができなく
なってしまいます。

病院でも、失禁のみられる認知症の方には、最初から
オムツをつけさせるよりも、ベッドサイドにポータブルトイレ
を置いておく方が、自分で排泄する、という行為がいつまでも
維持できています。

トイレまで間に合わないのは、「排泄したい」と思ってから、
実際の排泄行為に至るまでの時間に比べて、トイレに行き着く
までの時間が長いからなのです。

この際、思い切ってご本人の寝床の近くや部屋に
ポータブルトイレ」を設置してしまいましょう。

最近では、見た目も良く、おしゃれなポータブルトイレも
売られています。

「家具調ポータブルトイレ STD」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0026ZP0T8/takamoon-22/ref=nosim/

失禁されてからの対応より、ポータブルトイレの処理の方が
はるかに負担が軽いことに気づかれるはずです。