認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

介護保険制度の利用

専門機関で「認知症」と診断されると同時に、
介護保険制度の利用の話が出てきます。

もちろん治療も行いますが、アルツハイマー型認知症の
ような脳の変性による認知症、また脳血管性認知症は、
今後も進行していくことを見越して、介護の話も

具体的に進めていくことになります。

認知症の医療専門機関には、この介護、福祉関係を担う
ケースワーカーの方がおり、このケースワーカーより、
認知症サポート制度についての情報提供がされます。

認知症もまだ初期の段階で、ご家族も家で介護する
余裕がある場合には、すぐにはサポート制度を
利用しなくてもよいこともあります。

しかし、今後の介護にかかる費用、ご家族の肉体的および
精神的負担などを考慮して、できるだけ早い段階から
サポート制度を受けることが、ケースワーカーより
勧められるはずです。

まず提案されるのは、介護保険制度を利用することです。
そのために、要介護認定受ける必要があります。

この申請は、病院ではなく、お住まいの市町村の福祉担当窓口で
行います。

ご家族が直接、市町村の福祉担当窓口に出向いて、
介護保険被保険者証と申請書を提出してもよいですし、
この手続きを病院が代行することもできます。

いずれにしても、最初は分からないことも多いので、
申請の仕方から流れまで、ケースワーカー丁寧に
説明してくれます。

分からないことは医師やケースワーカーにどんどん
質問しましょう。