認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

介護認定の流れ

訪問調査員は、自宅でのご本人の様子、生活レベル、
そしてご家族の話をもとに、様々な調査項目を記入して
いきます。

調査項目の主なものは次のとおりです。

1.身体と精神の状態(73項目)


 この項目が最も多く、認知症の方にはこの箇所が最も
重要になってきます。

 日常生活において、食事、排泄、入浴、着替え、その他諸々の
ことがどの程度自分でできるかを綿密に調査します。

 物忘れの程度も調査されるので、ご本人からの情報だけ
でなく、同居しているご家族から見た客観的な情報も
非常に重要になってきます。

2.特別な医療を受けているか(12項目)

 この項目は、例えば、透析や経管栄養などを受けているかを
調査します。

 つまり、今後、看護師などの医療職の専門家が自宅訪問して
訪問看護サービスの提供に該当するかなどを調査します。

3.特記事項(記述式)

 この項目は、個人的に特に際立った症状、ご家族が特に
困っていることなどが記載されます。

 例えば、徘徊がひどく、自宅ではめんどう見切れない、
なども重要な記載事項となります。

以上の1~3までの調査がご本人の自宅で行われます。

加えて、主治医の所には意見書の記載が依頼されます。

その意見書には、認知症と診断した根拠、その重症度が、
検査所見などをもとに記載されます。