認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

施設入所のサポート

認知症のご本人を、亡くなるまでなるべく
家でめんどう見てあげたい、とお考えになる
ご家族もいらっしゃいます。

その一方で、徘徊が始まったりしたら、もう家で
めんどうを見るのは無理だから、その時点で長期の

施設に入所させよう、とお考えのご家族も
増えてきています。

長期の施設とは、例外もありますが、亡くなるまで
入所できる施設のことです。

この長期の施設入所は、要介護以上で利用でき、
要支援の段階ではまだ利用できません。

そしてこの長期の施設も、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、
介護老人保健施設、介護療養型医療施設とあります。

一般的に、家でめんどうを見るのが困難な認知症の方は
介護老人福祉施設、身体疾患を合併している認知症の方は
介護療養型医療施設に入所する傾向があります。

しかし、この長期入所施設にも実に様々なものがあり、
費用面などにより、ケアの仕方、生活できる部屋の質
なども異なってきます。

いずれは、長期入所施設も利用したい、とお考えならば、
できるだけ早い段階でケアマネージャーに相談しておく
ことをお勧めします。

予算、場所、待遇、施設の雰囲気、そしてご本人の
状態など、様々な要素を考慮して入所施設を
決定しなければならないからです。

施設により、ご夫婦同室で入所できる所もあります。

ご本人にとっても快適で、ご家族も安心して入所させられる
施設を慎重に選んでいってください。