認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

アルコール、タバコを過剰に摂取しない

アルコールを飲んでほろ酔い気分の時は、大脳新皮質の
機能が抑えられ、脳深部の大脳辺縁系の働きが
賦活されます。

新皮質は理性を司る分野で脳の中でも人間特有のもので
あり、一方、大脳辺縁系は本能を司る部分で、動物一般に

備わっています。

アルコールを飲むと開放的な気分になれるのは、普段
新皮質の働きで統制されていた様々なことが抑圧される
からです。

この際には、飲酒している本人には、いかにも脳の
働きが良くなったように感じられますが、実は、アルコールで
新皮質の働きを抑える際に、脳細胞もいくらか破壊されているのです。

適度な飲酒であれば、破壊される脳細胞の数はたかが知れて
いますが、酒浸りになるほど多量に飲酒することが習慣化
してしまうと、破壊される脳細胞は膨大な数となり、
ひいては認知症になりやすくなってしまうのです。

タバコについては、脳細胞への影響は今の時点では明確には
解明されていませんが、統計上では喫煙者ほど認知症に
なりやすい、つまり喫煙も認知症のリスクであることが
知られています。

またタバコを多く吸う人ほど、肺機能損傷をはじめとする
身体疾患に罹患しやすく、その結果、間接的に脳機能の
衰退を招いてしまう傾向にあります。

程よく、飲酒、喫煙を嗜む人でも認知症とは無縁の状態を
保っている人は大勢いらっしゃいますし、逆に飲酒、喫煙を
全くしない人でも比較的早期に認知症になってしまう方も
いらっしゃいます。

しかし、全体的な傾向として、アルコール、タバコを
過剰に摂取する人は、認知症予備軍であり、70歳以降、
認知症を患っている可能性が大いにあるということを
忘れてはなりません。