認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

積極的な人

精神科の診療に携わっていると、その人の性格、
生き方の姿勢と病気への罹患との間に、意外と密接な
関連があることに気づかされます。

生き方の姿勢とは、毎日の生活習慣の積み重ねにより
成り立つものですが、これまで学んできたこと、考え方、

そして人間関係なども複合的に絡み合ってきます。

認知症になりにくい人は、なりやすい人に比べて、
積極的な生き方をしている人が多いという
傾向があります。

では、積極的な生き方とは具体的にどのような生き方
なのでしょうか?

まず、日々の生活の中で、自主的に選択することが
できる、ということです。

人間は生きていくうえで、様々な選択を強いられます。

この選択をする際には、いろいろな状況がのしかかってきて
迷うことも多々あるでしょうが、多様な情報や他人の意見を
受け入れつつも、最終的に自分にとって最善だという方法を
自ら選び取るきとを自主的に選択できる、というのです。

反対に、自分で判断し選択する姿勢がなく、いつも他人の
決定に従っているだけでは、受身的で、自主的に選択している
とは言えません。

このような人はどうしても他人や運命任せの消極的な
生き方をしやすくなってしまいます。

実は、自分で判断し、選択していくことは、脳を働かせなければ
できないことです。

常に自分で選択していこうとする積極的な生き方をしている人が
認知症になりにくいのは、脳科学の観点から見ても、当然の
ことと言えます。