認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

どの施設、病院が望ましいか

以前、いわゆる「老人ホーム」と言われていた施設には、
先ほどもご紹介したように、「特別養護老人ホーム」
「介護老人保健施設」、「介護療養型医療施設」と
あります。

それぞれの施設において、費用は正にピンからキリ

まであります。

そして、身体的な疾患を抱えていると、「特別養護老人ホーム」
よりも、「介護老人保健施設」や「介護療養型医療施設」に
入所しなければならない場合も多くあります。

「介護療養型医療施設」は、生涯にわたって医療を基にした
療養が前提となっているため、ほかの2つに比べて費用が
高くなることがあります。

また、身体疾患がある認知症の人は、施設よりも、内科と
精神科が併設している病院に入ったり、療養型病院の
認知症病棟に入るケースもよくあります。

病院に入っていると、身体が急変した場合の対応が
すぐにできる、という安心感があります。

もし自分や家族が認知症になったら、これらの施設、病院に
入所する必要がありそうか?

そして入所するとしたら、どの種類の施設に入ることに
なりそうか?

今時点での健康状態や自身の希望も踏まえて、慎重に
検討し始めてみるのがよいでしょう。

今の段階では、想像もつかないことかもしれませんが、
普段からこのようなことを考えたり、ご家族と共に
話し合っておくと、いざという時に役に立ちます。

自分の家の周りに存在する介護施設、病院を改めて
見回したり、機会あるごとにお住まいの自治体より
提供される介護・福祉関係の情報を集め始めてみることも
お勧めします。