認知症の原因や、症状、認知症患者への対応方法、治療方法など。自分が認知症にならないためになど。

夫婦間のいさかい

伯母が忘れっぽくなってきたことに、夫である
伯父は苛立ちを覚えるようになりました。

たまに母が伯母の家を訪ねると、忘れっぽくなっている
伯母に対して、伯父は「さっき同じことを言っただろ!」
とか、「何度同じことを言わせるんだ!」などと

怒鳴っていたようでした。

伯父自身も糖尿病を患っていて現在インスリンを
打っている状態なので、体調も決して良くはなく、
伯母の物忘れに対して寛容に受け止められなく
なってきていました。

嫌がる伯母を強引に病院に連れて行く気力も
ないようでした。

市役所の福祉相談窓口に行くこともせず、
特に対策や行動も起こさないまま、時間だけが
過ぎていきました。

兄弟や親戚の訪問も嫌がるようになり、
「病院に連れていった方がいい」という助言に
対しても伯父はうるさがるようになりました。

伯母は伯父に怒られると、緊張し、恐怖感すら
覚えているようでした。

ある日、伯母が忘れっぽいことで伯父が怒り、
それに対して伯母も言い返したことで言い合いとなり、
そのうっぷんを晴らすために伯母は水泳に
出かけていきました。

一人で温水プールで泳いだ後、更衣室のシャワーで
頭を洗っている時に、突然脳出血を起こして
意識を失って倒れてしまいました。

幸い、そのすぐ後に更衣室にやってきた人によって
伯母が倒れているところをすぐに発見され、
救急車で病院に運ばれたために、命は助かる
ことができました。